賢者の書庫

気になった記事を載せていくサイトです! みんな楽しんでいってね!

カテゴリ: Youtube・ニコニコ動画系記事

1: ひかり ★ 2019/07/17(水) 23:01:30.45 ID:CAP_USER
バーチャルYouTuberユニット「ゲーム部プロジェクト」を運営するUnlimited Inc.(株式会社アンリミテッド)が、ファンの間で物議を醸していた
キャラクターの声優交代に関して正式に声明を発表。

「私たちがゲーム部プロジェクトを立ち上げた経緯と、ゲーム部プロジェクトが目指す未来について」と題した発表では、声優交代の経緯やプロジェクト
立ち上げ時の構想や今後に言及。

その中で、すでに声優が交代している道明寺晴翔さんと桜樹みりあさんに続き、「夢咲楓と風見涼の声優スタッフも2019年9月上旬にかけて交代することが
決まっています」と説明した。

明かされた声優交代

交代の理由については、プロジェクトとしての目指す姿と「そのための会社・声優スタッフのあるべき役割について検討を重ねた結果」としている。

発表では冒頭、Unlimited社について「ゲームが本当に大好きで、青春時代の時間の多くをゲームに費やしてきた、ゲームに命を燃やしてきたメンバーが
中心となって設立した会社です」と説明。

「現在もう大人になっている我々と同世代の人たちに、もしかしたら生まれる時代さえ違っていれば、今のゲーム部プロジェクトのメンバーの様な青春を
送れたのではないか? そういった青春の疑似体験をさせることはできないのだろうか?」とゲーム部プロジェクトの構想に込められた思いも吐露。

キャラクターが自分の力でゲーム部を立ち上げてYouTubeで活動することで、「自分たちでもゲーム部を立ち上げられるかもしれない」と
「日本のe-Sportsの未来を背負う学生が現れてくれたら嬉しいという想いもありました」と振り返っている。

新たに提唱された「CTuber」

ゲーム部プロジェクトといえば考え込まれたキャラクター設定と背景設定にもとづいたゲーム実況動画や生配信、さらにファンからは「演劇部」と呼ばれる
ショートアニメーションが特徴の1つ。

その点についてもUnlimited社は、キャラクター設定などのつくりこみがあったとしても、「私たちはプロのアニメ制作会社というわけでもないですし、
アニメーションというのはどこまでいっても神視点で物語が進んでしまうため、どうしてもメッセージ性や共感性に欠けてしまうのではないか?」という
課題を感じていたという。

そこで視聴者に向けて語りかけるYouTuberを、「今を一生懸命に生きている彼女達にやってもらおうという思いで、VTuberという言葉を借りて、
これまでのゲーム部プロジェクトという作品は運営を続けて参りました」と説明。

続けて「従って、弊社が目指しているのは、VTuberというよりも、どちらかといえばCTuber(キャラクターユーチューバー)という表現の方が、
適切なのかもしれません」と、新たな呼称についても言及している。

今後、声優は全員交代へ

声優交代については、夢咲楓さんと風見涼さんが交代する具体的なタイミングについては、確定次第アナウンスされる。

発表では最後に「今後は別の道を歩むことになりましたが、これまでゲーム部プロジェクトを支えてきた声優スタッフ4名の貢献には深く感謝しています。
本当にありがとうございました」とコメント。

キャラクターコンテンツの運営会社として「新規チャンネルも近々複数出る予定です」と、新たなチャンネルの登場も示唆する形で締めくくった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00010008-kaiyou-ent

続きを読む

1: しゅわっち'92 ★ 2019/06/12(水) 22:35:08.39 ID:CAP_USER
ユーチューバーであれば誰もが憧れる「人気ユーチューバーになりたい」という気持ち。そもそも動画を作成している以上、なんらかの期待はしたい気持ちがあるわけですが、そんな中、その夢をたった6歳で叶えてしまったという少女が居ますという話です。しかもあの有名な俳優ウィル・スミスのお墨付きです。




6歳の少女のダンス

こちらは南アフリカ出身のイヴァーナちゃん6歳。彼女のキレッキレなダンスが今世界中で話題となっており、あの世界的な俳優ウィル・スミスも大絶賛するほどです。

で、この動画をウィル・スミスが紹介したところ、通常のウィルの投稿再生数が100~200万程度ですが、今回はなんと1100万回も再生されるという驚異のバズりを見せ、一気に人気のダンサーに上り詰めるというなんとも今風なシンデレラストーリーとなっているようです。

イヴァーナちゃんちゃんは元々ダンサーで、このような路上でダンスをする様子がインスタで公開されており、現在フォロワーは17万人にもなっております。

踊っていないときはどこにでも居るような普通の少女ですが、一旦踊りだすと止まらないという面白い状況となっております。

今後彼女がどこまで活躍するのかは未知数ですが、世界的なダンサーとなり今よりも更に人気がでることを期待したいです。

掲載元
https://www.dailymail.co.uk/femail/article-7129245/Six-year-old-dancer-South-Africa-takes-internet-storm.html

画像掲載元:写真AC

https://yukawanet.com/archives/bazz20190612.html

続きを読む

1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/05/20(月) 22:23:24.76 ID:J816NH1v9
自称「コンビニマスター」のYouTuberヒカキンさんが5月18日、動画でセブンイレブンの最新版おすすめ商品トップ3を紹介した。

1位は「中華蕎麦『とみ田』監修 豚ラーメン 豚骨醤油」(税込550円)。千葉県松戸に店鋪を構える人気ラーメン店「とみ田」が監修しており、ヒカキンさんは過去にも同店鋪に足を運んだことがあるほど好きだという。同店は魚介つけ麺のイメージがあるとは言うものの、味について、

「いわゆる二郎系。二郎っぽいニンニクきいた極太麺の豚骨醤油ラーメン。ま~じうまいしパワフルな味」

とコメントした。ヒカキンさんは今年1月にもセブンイレブンのランキングを紹介。1位の「おいしさまるごとナチュラルポテト うましお味」は欠品店鋪が相次ぎ、ネットで高額転売される事態となった。

■「とろっとろの分厚いチャーシュー1枚入ってる。口の中で溶けちゃう」

豚ラーメンについて、「下手したら今セブンイレブンで売ってる商品で一番パンチあるかも。気づいたらハマっちゃってるんですよね。しょっちゅう食べちゃってんの。もう元気出るんすよこれ」と絶賛した。動画内では実食レポートもあり、

「しょっぱくてうめえ。しょっぱくてパンチのあるスープだけど、あまりにも油でギトギトとか、そこまでクドくないというか、しつこくない」
「コンビニのラーメンってレベルじゃない」
「とろっとろの分厚いチャーシュー1枚入ってる。口の中で溶けちゃう」

と話す。完食後、「汗超垂れてきてる」「リビングがニンニク臭がすごい」と言うものの、

「ニンニク臭いと思われるとかそんなん気にしないです。そんなさ、人生においてこんなちっちゃいこと気にしないで昼休みとかにグワーって食って、そのあとプワ~って(ニンニク臭い息を吐いて)やったりしていきましょう。ニンニク臭いって食べない人は損してると思う」

と力説した。

僅差で2位の「ゆずれもんサイダー 炭酸強め」(税込100円)は「後味含めダメなところがゼロ」といい、豚ラーメンとの相性もいいと推している。3位は「のむヨーグルト 白桃」(税込138円)で、「こんなにゴツゴツ桃入っていいの?ってくらい入っている」とフルーツ感の強さがいいと説明した。

【実食レポ】ニンニクの臭いが本当にやばい

キャリコネニュース編集部も1位の豚ラーメンを実食してみた。職場の休憩室でレンジにかけたのだが、ドアを閉めても廊下までニンニクの臭いが漂うほどだった。蓋を開けると、さらに強い臭いが沸き立つ。

茶色いスープの中には、ヒカキンさんが言う通り「うどんのように太い」麺が入っている。具材はもやし、キャベツ、ネギ、チャーシュー。食べてみると、麺はスープが染み込んで茶色になっており、しっかり味がついていた。

スープは濃厚な醤油味をベースに、豚とにんにくが溶け込んでいる。何より油がすごい。麺をすすっただけで、一瞬でカサカサの唇がつやつやになる。ここまで麺に油とスープが絡んでいるとは思わなかった。

濃厚ではあるが、もやしと一緒に食べると余計甘みが引き立つ。もやしの量も、最後まで麺とちょうどいい塩梅で食べ進められる量で天才的だ。706キロカロリーだが、もやしのシャキシャキ感がどことなく「ヘルシーなものを食べている」という気分にさせる。

チャーシューは柔らかくて美味しいが、もう少し量がほしい。むしろこれで白米を食べたい。問題点は、やはりニオイだろう。休憩室中にニンニクの臭いが漂っているし、自分からもその臭いがする。仕事中に食べるのは少々怖い。



キャリコネ編集部2019.5.20
https://news.careerconnection.jp/?p=71845
https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2019/05/190520rm3.jpg

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/05/07(火) 13:57:27.03 ID:CAP_USER
 ドワンゴとインフィニットループが設立した、バーチャルYouTuber(VTuber)コンテンツの配信システムを手掛けるバーチャルキャスト(札幌市)は5月7日、第1期(2018年7月~12月)の決算公告を官報に掲載した。同期の業績は1億5650万円の最終赤字だった。

 バーチャルキャストは18年7月に創業。ドワンゴが持つ「niconico」のユーザー基盤と、インフィニットループの開発力やマーケティング力を組み合わせ、注目度が高まるVTuber分野で人気サービスを生み出す狙いで設立した。
https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1905/07/sh_vt_01.jpg

 ユーザーがバーチャルキャラクターになりきって、VR(仮想現実)空間上のスタジオから生放送を無料で配信できるシステム「バーチャルキャスト」などを展開。視聴者が3Dアイテムを購入し、お気に入りの配信者にプレゼントできる投げ銭機能「Vギフト」などを収益源としている。

 ドワンゴの栗田穣崇COO(最高執行責任者)は、18年7月に開いたバーチャルキャストの創業会見で「VRサービスを主軸事業の1つに育てていく」と語っていた。だが、サービスは着実に知名度を上げつつあるものの、創業後すぐの黒字化はならなかった。
https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1905/07/sh_vt_02.jpg

■VTuber事業子会社「リド」は解散
 
また、ドワンゴやKADOKAWAなど計5社が18年12月に創業したVTuber事業会社で、VTuberの育成やプロデュースを手掛けていたリドは4月15日付で解散。ドワンゴとワタナベエンターテインメントが16年3月に設立し、VTuber「葉邑ゆう」の運営などを担っていたワタナベアマダクションも同日付で解散した。
https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1905/07/sh_vt_03.jpg

 一方、ドワンゴは4月22日、 モーションキャプチャーなどを活用したCG映像制作を手掛ける新事業「TUNEDiD」(チューンディッド)の立ち上げを発表。不採算部門の廃止と、成長を見込む部門への投資を加速させている。

  動画サービス「niconico」の有料会員(プレミアム会員)が減少を続ける中、VR事業でも苦戦を強いられているドワンゴ。“選択と集中”を進め、同事業を安定した収益基盤に育てることはできるのだろうか。

ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/07/news074.html

続きを読む

1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/05/06(月) 06:27:20.15 ID:6bCbTa479
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-913377.html
2019年5月5日

「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆたか)さん(10)=宜野湾市=が「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動している。大阪生まれ、沖縄在住のゆたぼんは「ハイサイまいど!」で始まる楽しい動画を提供しつつ、いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している。

ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。

配信する動画は歌やお笑い系が多い。パワフルに熱唱する姿は、父親の幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツをほうふつとさせる。

人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、学校ではできない学びに自信を深めている。

活動をしていると「死にたい」という子どもから相談が寄せられることもある。そういう時は友達になり「死ぬな。苦しむな。学校なんて行かなくてもいい」と言い続けている。

夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、戦争をなくすこと。子どもの自殺が増えるとされる夏休み明けの頃には、子どもを集めたライブを開催する計画も練っている。

4日にインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティーに就任。毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送している。

ラジオでは苦しんでいる子に向けて勇気を与えるメッセージを発信するつもりだ。

https://030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp/archives/002/201905/c07e288ba4a061105f236a0b79e69435.jpg

★1が立った日時:2019/05/05(日) 22:20:06.75
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557071560/

前スレ
【YouTuber】10歳のユーチューバー 自由を求めて学校に通わない選択「不登校は不幸じゃない」「俺が自由な世界をつくる」★4
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557077032/

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/04/08(月) 19:33:53.68 ID:CAP_USER
・VTuberグループ「ゲーム部」解散疑惑騒動に進展
・声優スタッフとされる人物が過酷な環境・待遇を暴露
・運営会社Unlimitedが声明「改善含めて協議中」


バーチャルYouTuberグループ・ゲーム部プロジェクトの声優による内情暴露および解散騒動について、運営会社であるUnlimitedが声明を発表した。
https://kai-you.net/r/img/a/752x/7b80fb70cd9ac8b35200a371cd1195972.jpg

ゲーム部プロジェクトとは2018年3月に活動開始したバーチャルYouTuberグループ。メンバーは夢咲楓さん、道明寺晴翔さん、風見涼さん、桜樹みりあさんの4人で、都内の高校にあるゲーム部に所属している。

4月初旬にキャラクターの声優スタッフと噂される人物4名が過酷な労働環境や待遇を暴露。6日にNAVERまとめに掲載されるなどしたことで話題を呼び(外部リンク)、その後ゲーム部プロジェクトとしての活動が途絶えていたことから、今後に注目が集まっていた。

■ゲーム部声優スタッフによる内情暴露

※運営会社からの声明
https://kai-you.net/press/img/4a5386b733fe2fd0b2c9e2aba87b7df5-large.jpg
株式会社Unlimitedからの声明/画像は公式サイトより

Unlimitedは、公式サイトにて「Twitter等のネット上において、ゲーム部プロジェクトの声優スタッフの当社運営サイドへの一連の情報発信があり、ゲーム部プロジェクトを応援頂いている方々に大変ご心配、ご迷惑をお掛けしていることを深くお詫び申し上げるとともに、現状をご報告いたします」と謝罪。

その上で「現在、声優スタッフとの話し合いと実態把握を通じ会社としての責任と改善点を明らかにし、待遇や業務環境の改善も含めた検討協議を進めているところでございます」と報告している。

話し合いの結果については、「進捗があり次第皆様に改めてご報告致しますので、今しばらくお時間を頂けますと幸いです」と説明した。

最後に「声優スタッフ含めゲーム部プロジェクトに関わる全てのスタッフが納得し前向きに活動再開できるよう、また応援してくださっているファンの皆様に一日でも早く安心していただけるよう、尽力して参ります」と結んでいる。

■「バーチャルYouTuberのトップ」と目されていたゲーム部プロジェクト

ゲーム部プロジェクトは、ゲーム実況のほかに、ショートドラマや「歌ってみた」など多岐に渡る動画投稿活動を行う。

彼らは多くのVTuberと違い、個人でのYouTubeチャンネルは持たずに4人で1つのチャンネルを運用し、動画ごとに登場するメンバーが違っていることも特徴だ。


【感動】新入部員が入りました【transformers】
https://youtu.be/P8phKEJQqqE



練り込まれたキャラクター設定およびキャラクター同士の関係性、クオリティの高いデザインや3Dモデル、背景やカメラの切り替えや場面演出、ゲームプレイの技術などに定評がある。

アニメのような展開を見せるショートドラマ、そして“ガチ勢”と呼ばれるゲームの腕前で、キズナアイさん、輝夜月さん、ミライアカリさん、電脳少女シロさん、バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん(ねこます)さんのバーチャルYouTuber四天王にも勝るとも劣らない人気を獲得している。

また、もこうさんやライバロリさんといった、バーチャルVTuberではない人気ゲーム実況者/YouTuberとのコラボも頻繁に行っており、バーチャルYouTuberファン以外の層も取り込んでいた。

実際、直近の再生数ランキングではキズナアイさんら四天王を大きく上回っており(外部リンク)、海外での展開なども進行(関連記事)。

実質「バーチャルYouTuberのトップ」と目されていたグループであるだけに、今後の動向を注視していきたい。

https://kai-you.net/article/63423

続きを読む

1: Egg ★ 2019/04/27(土) 00:22:45.19 ID:w5C0ZzgQ9
KADOKAWAとドワンゴの経営統合から4年半、出版界とIT界の異色タッグは新たな局面を迎えている。今年2月にカドカワの川上量生社長が取締役に降格し、4月にはドワンゴはKADOKAWAの子会社になった。背景にあるのはドワンゴ運営の「ニコニコ動画」(以下、ニコ動)の低迷だ。

 カドカワの決算資料(2019年3月期)によれば、連結純損益予想は従来の54億円の黒字から43億円の赤字に転落。約55億円の黒字で好調な出版部門とは対照的に、「ニコ動」やスマートフォン向けゲーム「テクテクテクテク」などウェブサービスが足を引っ張った。

 ニコ動の低迷は、今に始まったことではない。会員数はピークだった2016年9月末の256万人から減少の一途を辿っており、2018年12月末時点で188万人まで減少。“ニコ動離れ”が止まらない状況だ。ニコ動がなぜこれほどまでに落ちてしまったのか。その要因を、かつてのファンたちの本音から探る。

 30代男性会社員・Aさんは、先日久しぶりにニコ動を開いた。ボカロPとしても知られたロックバンド・ヒトリエのwowakaさんが4月5日、急性心不全により亡くなったからだ。wowakaさんは、ニコ動で「ローリンガール」「裏表ラバーズ」など数々の名曲を手掛けてきた“ボカロPのレジェンド”と言っても過言ではない存在だった。

「大好きなボカロPの一人だっただけに、本当にショックでした。コメントを見ると、『ありがとう』にあふれており、ハートマークが流れると『職人おかえり』、タグの『永遠に評価されるべき』など、ニコ動独特の一体感による懐かしさも相まって、泣いてしまいました」(Aさん)

 2006年にサービスを開始した「ニコ動」。ボーカロイドの初音ミクや、ボカロP「ハチ」として活動していた米津玄師などを育んだ場所としても知られ、ネット文化を牽引してきた。しかし、今や動画サービスとしては「YouTube」に大差をつけられてしまっているのが実情だ。

4/26(金) 15:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190426-00000003-moneypost-bus_all

続きを読む

1: クリックで救われる名無しさんがいる 2019/03/15(金) 13:07:39.20 ID:9EodrhRw0
Youtube収益化、登録者や再生数増加を目指す人や伸び悩んでる人のためのスレ
質問すればベテランが回答してくれる

※前スレ
youtube初心者スレ収益化 飛躍編Part2
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/affiliate/1527079221/

ローカルルール
収益化ガチ勢、エンジョイ勢など色々なスタイルでYoutubeに取り組んでいる人がいますので
・Youtubeでこれから稼ぐのは無駄
・今から始めても遅い
などのネガティブな発言よりはポジティブな発言を心がけた方がこのスレの意義があると思います

続きを読む

このページのトップヘ